田舎から転職する方法

転職するか副業するか迷う田舎のサラリーマンがするべきこととは?

安月給だし、このままだと結婚も子育ても絶対無理だろ…転職か、副業かした方がいいんだろうか…

サラリーマンであるならば、「転職するか副業するか」を誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

とはいえ

  • 転職して失敗したらどうしよう
  • 副業って、何をやればいいの
  • 転職か副業か、どっちからやるのがいいんだろう

と悩んだあげく、結局何も手を付けられていない…という人多いですよね。

 

特に田舎のサラリーマンほど、周りで転職も副業も成功している人がいなくてイメージしづらいですよね。

 

という事で今回は、転職か副業か悩んでいるサラリーマンがやるべき具体的なアクションプランを紹介します。

この記事を読めば、何十年先も安心して働くために、今何をするべきかが明確になりますよ!

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

転職か副業か悩んでいる人の特徴

そもそも、あなたはなぜ「転職するか、副業するか」で悩んでいるのでしょう。

おそらく、その原因は「お金」ではないでしょうか?

 

  • 生活費で精いっぱい。貯金なんて全然できない
  • この先も給料はどうせ上がらないし…
  • お金ないし、このままだと一生独身か…

このようなお金の悩みは誰だって持っていますよね。

「俺は十分なお金もらっている」と言えるサラリーマンなんて本当にごく僅かです。

 

田舎は給料が低い!?あなたの給料が上がらない理由と解決策を紹介「うちの会社、まじで給料安すぎじゃない?」 「30代になっても、このまま給料上がらなかったら子供なんて育てられないぞ…」 ...

 

今の時代、転職や副業が当たり前になってきており、「個人で稼ぐのも難しくない」時代と言われています。

ですから、普通のサラリーマンだってお金の不安を解消することはできるはずです。

 

とはいえ、「転職サイトは山ほどあるし…」「副業も色々種類があって迷う…」と選択肢が多い分、「結局何をやればいいか、分からない」と悩んでいる人が多いですよね。

 

そんな人も安心してください。

この記事では、具体的なアクションプランを提示しますので、まずはその通り行動してみてください!

 

田舎のサラリーマンほど転職は副業かで悩む

冒頭でも触れましたが、田舎のサラリーマンほど、「転職するか、副業するか」で悩んでいる人は多いでしょう。

なぜなら、田舎の会社だと「転職や副業で成功した!」という人が周りにいないから、どうしたら分からないからです。

 

実際、私が田舎の会社にいたときは「転職も副業も都会の人たちがやっていることでしょ?うちらには、関係ないよ…」といった感じでした。

ですが「この周りもやっていないし大丈夫だろう」という考えこそ、田舎のサラリーマンが最も陥りやすい危険な思考です。

 

考えてもみて下さい。

あなたが今勤める会社は、「10年後も変わらず存在している」と言い切れますか?

終身雇用が崩れ始め、大企業ですら倒産する時代ですよ。

 

言い方は悪いですが、田舎の会社なんて真っ先に吹き飛びますよ。

それぐらい危機感を持たなければいけない、ということです。

要するに、これからのサラリーマンは、「個人で稼ぐスキルを身に付ける」ことが生きていく上で必須な時代に入ったわけです。

 

転職も副業も周りがやっていないから…」は、あなたがやらなくていい理由にはなりません。

ボケーっとしていたら、5年後路頭に迷っているかもしれませんよ。

 

「転職か副業か」どちらをするのがいいのか

では、「転職しようか、副業しようか」と悩んでいる人は、どちらをするのがいいのでしょうか。

 

結論から言うと、転職も副業も両方チャレンジしましょう。

なぜなら、転職と副業は相乗効果があるからです。

 

年収240万から転職と副業で年収5千万まで成り上ったmotoさんは著書で「転職と副業」について次の言葉を残しています。

 

実はサラリーマンとして得られる経験には大きな価値があります。僕の副業収入は、サラリーマンとして働く中で得た知見や経験や、自分自身の転職経験など、「同じサラリーマンにとって役立つ情報」を発信することで得ています。

経験や成果に「転職」と「副業」を掛け合わせる。つまり「かけ算」の関係にすることで、生涯年収を最大化させてきたのです。この方法は、キャリアに悩む多くのサラリーマンがとれる戦略だと思います。

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方より)

 

例えば、

  • 転職活動を通して感じたことをブログで書いて副業にする
  • 副業で培ったスキルを転職活動でアピールする

など、「転職と副業」は一緒にやることで、大きな相乗効果を生むことができます。

 

もう一つ、踏み込んだ話をしましょう。

残念ながら、転職も副業もやり始めてすぐ成果が出るほど甘いものではありません。

ある程度の時間と労力は絶対にかかります。

ですから、「準備期間」というイメージで、転職も副業もまずはやってみることが重要です。

 

「転職サイトをのぞいみてる」「副業でブログを立ち上げてみる」

このように、少しでも実際にやることで、転職や副業に対する苦手意識がなくなっていきます。

転職も副業も身近なもの」と感じられ、本格的に始めることにスムーズに取り組むことができます。

 

行動しないから、悩みや不安が大きくなる

「今の会社はやばいし、転職した方がいいよな…」「副業しないと、貯金できないよ…」

こうやって、日に日に悩みや不安が大きくなるのはなぜでしょうか?

それは、あなたが行動していないからです。

 

人が不安に思うのは「この先、自分がどうなるのか分からない」からです。

だからこそ、ちょっとでも行動し始めた人間は、前に進んでいる感を得られ「このまま頑張れば何かつかめるかも!」と希望が見えてくるものです。

 

今の20代、30代は、50代の上司と同じような生き方はもうできないんです。

新卒入社した会社でのらりくらしているだけで、一生安泰なんてことはもうありえません。

 

これからの時代、サラリーマンとして生きようと思ったら自分の価値観を常に更新していかないといけません。

過去の常識や周りと同じことをしていると、あっという間に置き去りにされてしまいます。

 

ですから、「とりあえずやる精神」を身に付けましょう。

 

「転職」「副業」でとりあえずやるべきこと

「転職も副業も悩んでいるだけで、何もやっていない…」

そう悩んでいるだけの人は、とりあえず次の2つに取り組んでください。

 

  1. 副業としてブログを始める
  2. 転職サイトに登録する

 

ブログは、時間がないサラリーマンにとって最も始めやすいかつ、稼げる可能性が大きい副業です。

motoさんも、「サラリーマンが副業をやるならブログがおススメ」と言っています。

 

転職したい人全員がブログをやるべき3つの理由【副業にもピッタリ】「転職はしたいんだけど、不安も大きい。自分は何をするべきか分からない…」 転職に興味はあるけれど、なかなか行動に移せない人ってたく...

 

「記事なんて書けないよ…」「ブログなんて分からないし…」と悩む前に、とりあえずやってみましょう。

始めたら意外に記事なんて書けますし、ブログで毎月5万円とか稼げるようになったら家計が随分楽になりますからね。

 

こちらの記事では、完全初心者でもブログを始められる手順を詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

WordPress(ワードプレス)ブログの作り方を初心者向けに解説【画像付き】「サラリーマンの副業としてブログを始めたい」 そう思っている人は、絶対ワードプレスでブログを作りましょう。 とはいえ、ワード...

 

副業と合わせて、とりあえずやるべきことは「転職サイトへの登録」です。

 

転職サイトのメリット
  • 転職する気がなくても利用できる
  • 無料だから、気軽に利用できる
  • 年収アップや環境改善のための優良情報が満載

 

まだ登録していない人は1秒でも早く登録しておきましょう。

今時のサラリーマンだったら、転職サイトを利用しないという選択肢はまじでありませんよ。

 

田舎の人こそ転職サイトを絶対に使うべき理由!メリットやおすすめサイト解説田舎のサラリーマンならば、誰もが一度は転職について検討したことがあるのではないでしょうか? 給料が低すぎて、やってられない...

 

転職も副業も両方初めて、サラリーマン人生を成功させよう

最後にもう一度いいます。

とにかく、行動しましょう。

我々20、30代サラリーマンが人生を生き抜くためには、行動しかありません。

 

といっても、大半の人間は行動しませんよね。

現にあなたは、昨日何か新しい行動をしましたか?

思うだけでは人生変わりません。

 

転職できる人間になって、副業でがっつり稼いで会社のいいなりにならない

そんな人生を送りたいのであれば、行動あるのみです。

 

この記事を終わった瞬間、行動しないとあなたは一生動きません。

それぐらいの覚悟をもって、今から行動しましょう!