田舎サラリーマンの危険性

田舎のサラリーマンは転職しない方がいい?した方がいい?

サラリーマンなら誰もが一度は転職について考えたことってありますよね。

 

世の中は「転職時代」なんて言いますけど、田舎のサラリーマンにとってはまだまだ転職は珍しい時代です。

転職のことを考えても

  • 田舎の会社にいるせいか、周りで転職に成功したという人がいない
  • 田舎のサラリーマンは転職しない方がいいのかな?

と悩む人も多いでしょう。

 

ということで、今回は、田舎のサラリーマンは転職しない方がいいのか?それともした方がいいのか?徹底解説します!

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

田舎のサラリーマンは転職しない方がいい?

田舎のサラリーマンは転職しない方がいいのでしょうか?

結論からいうと、「田舎のサラリーマンほど転職した方がいい」です。

 

なぜなら、田舎でサラリーマンを続けることはデメリットが多すぎるからです。

  • 給料が安い上、上昇を見込めない
  • 長時間労働やパワハラ上司が多い
  • 職場に停滞感が漂っている 

これらが当てはまる会社が田舎には特に多いです。

 

中でも、停滞感が漂う職場で働き続けることは、今の時代においてかなりの悪手です。

今は大企業でも倒産する時代です。

それなのに、停滞する職場で「今のままでいいや」と思考停止していると倒産とともに、あなたは生きていけなくなります。

 

こちらの記事で詳しく解説していますので、良かったら読んでください!

田舎で働き続けることはデメリット?停滞した会社に残る危険性とは。田舎や地方で働く会社員なら「待遇、環境も微妙だし、このまま地元で働き続けてもいいのかな…」と悩んだことがある人は、多いのではないでしょう...

 

なぜ、田舎の人は転職したがらないのか

現状に不満があるのであれば、田舎のサラリーマンだって転職した方が良いでしょう。

ですが、多くの人は転職をしませんよね?

その理由は、田舎特有の「転職=悪」とみなす文化です。

 

あなたの会社では、転職する人が出た時に同僚たちはどう反応しますか?

  • 何か会社に不満でもあったんだろ
  • つらくなって、逃げ出したんでしょ
  • 辞めたそうにしてたもんな

といった反応をする人が多いのではないでしょうか?

 

確かに一昔前であれば、「今の職場に不満があるから」という理由で転職する人がほとんどだったと思います。

ですが、今はもう時代が変わりました。

「転職して自分の経験スキルを高めたい!」と、キャリアアップのために転職を選択する人が多い時代です。

なんなら、「入社時から転職を視野に入れている」という人もいるぐらいです。

 

それなのに、田舎の会社ではいまだに転職アレルギーを起こしている会社が本当に多いです。

このような会社に勤めていると、どうしても「転職はしない方がいい」と思考ロックされてしまいます。

 

転職に興味がある人がするべきこと

今や田舎にいてもネット一つで容易に転職活動ができる時代です。

積極的に転職のことを考えることは、必ず自分自身のためになります。

 

とはいえ、田舎にいると周りで転職した人も少ないし、情報を入手しづらいですよね。

そんな人にまずやってほしいのは、転職本を読むことです。

 

得におススメなのは「転職の思考法」です。

「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む」という副題の通り、転職を考えている人は全員が読むべき一冊です。

 

転職のイメージ、何を意識して普段働けばいいのかなどが、物語形式で非常に分かりやすく書かれています。

 

「まったく転職の事なんて考えたことなかった」という人は、まずはこの「転職の思考法」を読んで、意識を転職モードにしてみましょう!