田舎サラリーマンの危険性

田舎は給料が低い!?あなたの給料が上がらない理由と解決策を紹介

「うちの会社、まじで給料安すぎじゃない?」

「30代になっても、このまま給料上がらなかったら子供なんて育てられないぞ…」

 

サラリーマンにとって「給料」は最大の関心事です。

だからこそ、「自分の給料がこの先上がりそうかどうか」は誰もが知りたいところですよね。

 

とはいえ、ほとんどの田舎のサラリーマンは「自分の会社の給料は安い」「給料は上がらないだろう」と思っているのではないでしょうか?

 

という事で今回は、田舎のサラリーマンの給料が上がりにくい理由と解決方法を紹介しようと思います!

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

田舎のサラリーマンの給料が上がらない理由

田舎のサラリーマンの給料が上がりにくい要因は、大きく二つあります。

 

  1. 給料が低い業界の会社が多いから
  2. 平等主義の会社が多いから

 

それでは、順に解説します。

 

①給料が低い業界の会社が多いから

ところで、給料の額を決める一番の要因はなんだか知っていますか?

「会社の業績」や「個人のスキル」と思われがちですが、実は違います。

正解は「業界の生産性」です。

 

業界の生産性とは、その業界の人間が平均1人当たりどれほどの価値を生み出しているのか、という物差しです。

これが、給与の期待値に最も影響を受けると言われています。

 

同じぐらいの仕事量なのに、金融業界の20代が1000万稼ぐ一方で、ウエディング業界の人は30代でも300万しか稼げないのは、業界の生産性が大きな原因です。

ちなみに、この業界による生産性の差は最大20倍あると言われています。

 

「20倍…だから給与が10倍近く変わるわけですか…。でも、それって僕らは場所選びを間違ったらどうしもようない。こういうことになりませんか?」

「その通りだ。いくら技術資産や人的資産が高くても、そもそもの産業を間違ったら、個人の資質や努力で覆すのは難しい

(「転職の思考法」より)

 

つまり、給料は業界によって決まるというわけです。

 

高収入な業界というと「総合商社」「メガバンク」「コンサル」などが挙げられます。

一方で「飲食」「福祉」「量販店」などは、低収入な業界といわれています。

 

まあ、田舎の会社を見渡した時に「総合商社」や「コンサル」なんてありませんよね。

大半が、生産性が低いと言われる業界に属しいる会社ですからね。

給料が上がらないのは、当然です。

 

②平等主義の会社が多いから

田舎の会社は、良くも悪くも「平等主義」な会社が多いです。

 

地元の学校を卒業して、地元で就職してみたいな人が集まるので「みんな一緒」みたいな風潮がかなり強いです。

その分「あいつだけ給料高いらしいぞ」みたいなことが起こると、とたんに敵対心が出てしまいます。

 

正直、私は経営者ではないので真意は分かりません。

ですが「能力で給料に差をつけると、全体として意欲が下がるだろう」と思っている経営者は多いと思います。

 

事実私が勤めた田舎の会社は、社員の能力にかなり開きがありましたが給料はほとんど一緒でした。

周りに聞いても、「スキルや成果で給料が変わった」という人はいませんでした。

 

一昔前だったら、これでよかったのかもしれません。

右肩上がりの時代で、年齢を重ねるだけで全員の給料がどんどん上がるんですから文句もでないですよね。

 

しかし、今は時代が違いますよね。

年を重ねても給料は上がらないし、頑張ったところで評価もされない…

となったら、「田舎に残って給料が上がらない会社にいてもね…」と思うのは自然な考えではないでしょうか。

 

どうすれば給料を上げられるのか

結論から言うと、給料が上がらない会社に居続けるだけでは給料は上がりません。

「副業とか、独立は大変そうだからちょっと…」とあくまでサラリーマンになこだわるのであれば、給料が高い会社に転職するしか給料は上がりません。

 

つまり、あなたがするべきことは「転職市場で評価される人間」を目指すことです。

出世するために上司に媚びをうったり、社内研修で頑張ったりすることは、残念ながら今の時代において無駄な努力となります。

 

とはいえ、「今まで何も考えずに普通に働いていたきただけだし…転職市場で評価される人間になるってどうすればいいの」と思いますよね。

そんな人に、最初にやってほしいことは「転職の思考法」を読むことです。

 

「転職の思考法」を読んで給料を上げよう

この本は、単なる転職のハウツー本ではありません。

「一生食えるサラリーマンになるにはどうすればいいのか?」という本質的な問いに、分かりやすく答えてくれる、全サラリーマン必読の一冊です。

 

このまま、何もせずのうのうと働くだけでは、あなたの給料は上がりません。

「もっといい暮らしがしたい」「子どもは3人欲しいから、お金が必要」「このままでは老後が心配…」

そう嘆く暇があったら、どうしたら給料が上がるか考え、行動しましょう。

 

転職の思考法」を読めば、確実にその一歩が踏み出せるはずです。

ぜひ、一緒に充実したサラリーマン人生をつかみましょう!

 

Amazonのオーディオブック「Audible (オーディブル)」を使えば、「転職の思考法」を聴くことができます。

最初の1冊は無料で使えますので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。

 

オーディブルの無料体験はこちらから

 

田舎のサラリーマン全員が読むべき本!「転職の思考法」を解説します。「俺たちの会社ってこの先、危ないよな…?」 「俺たちって、このまま今の会社にいることが正解なのかな…?」 会社の同僚...