田舎サラリーマンの危険性

田舎のサラリーマン人生だと後悔する?原因と抜け出す方法を解説

「あなたは、このまま今の会社で20年働き続けても後悔しないですか?」

この質問に自信を持ってYESと答えられる人って、ほとんどいないのではないでしょうか?

 

  • やりがいがない
  • 仕事の時間が苦痛でしかない
  • 同僚たちと気が合わない
  • 本当はもっと給料がほしい

こうした会社への不満って、誰もが少なからず持っていますよね。

特に、選択肢の少ない田舎のサラリーマンほど漠然とした不安を抱えているケースが多いと思います。

 

とはいえ、「とりあえず、今はまだ…」と現実に目をつむって仕事をしている人って多いのではないでしょうか?

 

「人生を振り返って唯一後悔していることはなんですか?」

 

死ぬ間際の人間にこう聞くと、9割の人間が「もっと冒険しておけばよかった」と答えるそうです。(「あした死ぬかもよ?」より)

 

何も冒険することなく、働きたくもない会社で70歳まで過ごして…そんなサラリーマン人生を送って、あなたは後悔しませんかね?

 

ということで今回は、サラリーマン人生を後悔する人の特徴と解決策を紹介します。

この記事をよめば、10年後に「あの時、考えて変えて行動して良かった」ときっと思えるはずです。

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

なぜ人間は自分の人生を後悔するのか?

冒頭でも紹介しましたが、死ぬ間際になって多くの人が「冒険してこなかった人生」を強く後悔するそうです。

誰だって「なんで、俺はこんなクソみたいな人生を送ってしまったんだよ…」と思いながら死にたくないですよね。

 

「やらない後悔より、やる後悔」

とよく言いますよね?

人間という生き物は「やらなかった事」に対して、強く後悔する習性を持っています。

 

「やらない」=「死ぬときに後悔する」

まずは、これを強く意識することが大切です。

冒険する。挑戦する。動く。を合言葉に刻みましょう。

 


 

「やる後悔」が生まれる場合もある

とはいえ、残念なことに「冒険した結果後悔する」こともありますよね。

「転職したことで、以前よりもさらにブラックな職場で働くことになったよ…」みたいなパターンです。

 

このような「やる後悔」が、生まれるのはどんな時でしょうか。

メンタリストDaiGoさんの著書「後悔しない超選択術」には、次のような記述があります。

 

自分の下した選択とその結果について後悔しない確率が最も高かったのは、「合理的スタイル」の人たちだと分かった。

 

つまり、合理的な行動をする人間になれば「やらない後悔もやる後悔も味わなくていい」人生を歩めるようになる、ということです。

 

それでは、サラリーマンにおける「合理的な行動」とは何でしょうか?

次章で詳しく解説します。

 


サラリーマン人生を後悔しないためには?

そもそも合理的な行動をするために、最も大切なことはなんでしょう?

それは「長期的な視点」を持つことです。

 

意思決定の前に1年後、10年後の結果を想像してみるなど、日ごろから長期的な視点で自分と自分を取り巻く状況について考えるクセをつけていきましょう。
それが合理的な選択をする力を養ってくれます。

(「後悔しない超選択術」より)

 

とはいえ「10年後の結果といっても…」と想像が難しい人もいるでしょう。

そんな時は、理想のサラリーマン人生をあらかじめ設定しておくことがおススメです。

 

  • 仕事が素直に楽しい。休日終わりに「明日からいっちょ頑張るか!」と思える。
  • 人間関係が良好。同僚の考え方や理念が自分と同じ
  • 給料が良い。不自由ないお金を手に入れている。

こんな風に、まずは自分の中で「理想のサラリーマン」を描いてみましょう。

 

理想のサラリーマン像を持つことで、そこに近づくために自分はどんな選択をすれば良いのか?ということが徐々に見えてくるはずです。

 

田舎のサラリーマンは合理的な選択ではない理由

理想のサラリーマン人生を手に入れる、ということは合理的な行動をし続けた結果ということになります。

つまり、「後悔しないサラリーマン人生」です。

 

では、もう一度自分の掲げた理想のサラリーマン像を出してみて下さい。

  • 仕事が素直に楽しい。休日終わりに「明日からいっちょ頑張るか!」と思える。
  • 人間関係が良好。同僚の考え方や理念が自分と同じ
  • 給料が良い。不自由ないお金を手に入れている。

おそらく、今の会社にいながら自分の理想を叶えるのは難しいなと感じた人が大半でしょう。

 

特に人間関係が難しく、古い体質が残りがちな田舎の会社だと、理想のサラリーマン人生を送るのはほど遠いはずです。

 

田舎で働き続けることはデメリット?停滞した会社に残る危険性とは。田舎や地方で働く会社員なら「待遇、環境も微妙だし、このまま地元で働き続けてもいいのかな…」と悩んだことがある人は、多いのではないでしょう...

 

こうした人の取るべき方法は一つです。

そうです。「転職」しかありません。

今の会社にいても明るい未来が想像できない人にとって、転職こそ合理的な選択といえるでしょう。

 

転職を考えたことがなかった人が、やるべきこと

とはいえ、いきなり転職ってめちゃくちゃハードル高いですよね。

今日の仕事をこなすことだけを考えてきたのに、「さあ、転職しよう!」と言われても…という感じですよね。

 

確かに、いきなり転職は難しいかもしれません。

ですが「転職活動」は、今すぐにでも始められます。

 

転職も転職活動って一緒じゃん!と思われるかもしれませんが、私に言わせば全然違います。

転職活動って「絶対に転職するまでやる」って人から「正直転職する気がない」という人まで幅広いんですよね。

ですから「とりあえずやるか」ぐらいの、軽い気持ちでスタートしても全然大丈夫です。

 

「何から始めたらいいの…」という人は、転職本から読んで見ることをオススメします。

最適な一冊は、こちらの「転職の思考法」です。

なぜ、読むべきなのか↓の記事で解説しています!

田舎のサラリーマン全員が読むべき本!「転職の思考法」を解説します。「俺たちの会社ってこの先、危ないよな…?」 「俺たちって、このまま今の会社にいることが正解なのかな…?」 会社の同僚...

 

【体験談】私は20代の過ごし方を後悔している…

ここから、少しだけ私の体験談を話します。

 

私の20代は、典型的な「田舎のダメリーマン」でした。

仕事中は「目の前の仕事を早く終わらせること」だけを考える。

休日は「パチンコ」か友だちや同僚と「飲み会」で愚痴の言い合い。

 

当時はそれが楽しいと思っていましたが、30歳手前になり「このままじゃやばいぞ…」ということにようやく気が付き、膨大な時間をムダにしたことを激しく後悔しました。

 

「死ぬときに、少しでも後悔しない人生を送りたい」

そう決意してから、本を読み漁って思考を変えたり、転職活動を始めたり、と人生を再スタートさせました。

 

まだまだ、理想のサラリーマン人生には程遠いですが、「動いている感」を日々感じられるようになったことで、人生前向きになったことは確かです。

 

後悔しない人生のための一歩を踏み出そう

サラリーマンにとっては、「会社で働くこと」は人生そのものともいえます。

今の会社、働き方に不満を抱えているのであれば、必ず死ぬときに後悔することになるでしょう。

 

人生は、まだまだこれからです。

一緒に「サラリーマン人生を後悔しないために」、一歩を踏み出しませんか?

 

本を読んだり、転職エージェントに登録したりするのはその最初の一歩です。

やるか、やらないか、はあなた次第です。

どうか、あなたが「やらない後悔」を抱えないことを願っています。

1人でも多くの人が、この記事が参考になってくれればうれしいです。

 

通勤時間を有効に使いたいサラリーマンにおススメ!

Amazonのオーディオブック「Audible (オーディブル)」を使えば「聴く読書」ができます。最初の1冊は無料で聴けるので、ぜひ試してみて下さい!

気に入らなければ、期間中に退会手続きをとれば課金されることもないので安心してお試しできます。

 

 オーディブルを無料で試す➡