田舎サラリーマンの危険性

田舎のサラリーマンは愚痴ばかり!?面倒な人間関係に巻き込まれない方法

「会社でも、飲み会でも皆愚痴ばっかり…もう、いい加減にしてくれよ」

 

愚痴ばかり言う同僚に囲まれて、辟易している田舎のサラリーマンは多いのではないでしょうか?

 

はっきり言ってしまえば愚痴は言う方も、言われた方にも良い事など一つもありません。

ネガティブな感情が深まり、ただただ時間を浪費するだけです。

 

ということで、今回は

  • 愚痴ばかり言う同僚に囲まれて疲れる
  • 自分も会社では愚痴をついついこぼしてしまう

人たちに向けて、田舎のサラリーマンが愚痴ばかり言う理由と、どうしたら愚痴の言い合いを避けられるのかを紹介します。 

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

なぜ、サラリーマンは愚痴をいうのか?

サラリーマンが愚痴を言う理由は「承認欲を満たしたい」からです。

 

「あいつのせいで、俺までとばっちり受けた」

「うちの上司はいつもオレにだけ厳しいんだよ」

「うちの会社は給料が低すぎる」

自分にとって悪い都合を他者や他人のせいにして、「俺は悪くないよな?そう思うよな?」と認めてほしい。

その気持ちが、言語化されるのが「愚痴」の正体です。

 

「自分の非を認めなたくない」という気持ちは確かに分かります。

ですが、愚痴をこぼしまくったところで事態は何も変わりません。

 

「このミスはあいつのせいだ」と愚痴るぐらいなら、「なぜ失敗したのか?再発しないために、どうすべきか」を考える。

「給料が安い」と愚痴るなら、ど「うすれば自分の給料が上がるのか」を考え、行動することの方がはるかに生産性がありますよね。

 

ほんと、愚痴には何にもメリットなどありません。

ですから、最近では「愚痴厳禁」にしている会社もあると聞きます。

 

しかし、残念ながら田舎の会社ではまだまだ愚痴を言い合うサラリーマンが多いと言わざるを得ません。

 

田舎のサラリーマンは愚痴が多い理由

仕事中でも飲み会でも、口を開けば愚痴、愚痴、愚痴…

と、こういう人が田舎の職場には本当に多いです。

 

では、なぜ田舎のサラリーマンは愚痴が多いのでしょうか。

個人的には、「主体的に行動する」という文化が根付いていないからだと思っています。

 

田舎で働く人は、何となく地元の公立学校を卒業し、何となく地元の企業に就職して…みたいな人がほとんどです。

競争社会でもまれたきたわけでもなく、言ってしまうと「流されやすい人間」が多いように思われます。

 

「指示待ち人間」と言い換えることもできます。

実際、私の職場でも「自分で考え、行動する」ような人間てほんとごく少数です。

「与えられた仕事をまじめにやってさえいればいい」という雰囲気が漂っています。

 

もちろん、それが悪いことだとは言いません。

ですが「目の前のタスクだけやればいい」と考える人、つまり主体的に行動できない人ほど何かあると「自分には責任がない」とすぐに言い訳を始めます。

 

「俺は悪くない」「あいつのせいだよ」…と、まさに愚痴をこぼす人間です。

 

田舎の会社は人材流動も少なく、基本的に同じような環境で育ってきた人間が集まります。

となると、愚痴を言い合う環境になってしまうのはある意味必然ですよね。

 

愚痴が多い会社であなたが取るべき行動

愚痴ばかり言う同僚たちに囲まれている、あなたが取るべき行動は何でしょう?

 

当然ながら、第一にあなた自身が愚痴を言う事をなくしましょう。

そのうえで大切なのは、愚痴を聞かされない人間になることです。

 

愚痴は「愚痴の言える相手」にしか言いません。

乱暴な言い方をすると、思い通りになるやつということです。

愚痴に対して反論などいりませんから、ただただ「うんうん」と聞いてくれる相手がほしいんです。

 

だったら、反論する人間になりましょう。

愚痴を言う人間に対するキラーフレーズをご紹介しますね。

それは「で、あなたは結局何をしたいの?」です。

この一言であなたは「愚痴を言われない人間」へと簡単に変ぼうできます。

 

これを言われた相手は、おそらく黙り込むか逆切れするでしょう。

だって愚痴を言う人は「だまって、俺の話だけ聞いて同調してくれればいいんだ」と思っているんですから。

そこで、真っ当な反論をしてくる人間はただ面倒くさいだけです。

 

ですから愚痴を言う人に対して、片っ端から「あいつには愚痴を言わない方がいいな」と思われる人間を演じていけば、確実に愚痴を言われなくなります。

 

最終的には愚痴がない環境へ移るべき

愚痴を言われない人間になる、といっても他人の愚痴をやめさせることは簡単ではありません。

人間を変えさせるというのは、難しいし、めちゃくちゃ労力がかかりますからね。

 

そもそも、愚痴を言い合うような同僚ばかりいる会社にいても得な事など一つもありません。

会社としても生産性は低いでしょうし、何よりそんな環境にいては自分がダメになる一方です。

 

「周りは愚痴を言う人間ばっかりなんだよな」と言っている時点で、そんな職場を選んでいるあなた自身の責任です。

 

「愚痴がない会社なんてないよ」。

それは、ずっと田舎の会社で暮らしてきたあなたが知らないだけで、従業員みんなが生き生きと働く職場なんて、そこら中にあります。

 

田舎にいようが、今はネット一つで簡単に会社を移ることができる時代です。

愚痴ばかりこぼす同僚に囲まれた会社にいたって、未来はありませんよ?