田舎サラリーマンの危険性

田舎の会社は息苦しい…居心地の悪さを解消するための方法を解説!

「もう会社行くの嫌だ…職場は息苦しいし、居心地が悪すぎる」

こんな悩みを抱えているサラリーマンって結構多いですよね。

 

特に…

  • 閉塞的な田舎の職場
  • 人間関係が苦手な若手社員

の人たちって、「毎日会社で気が滅入っている」という人が多いのではないでしょうか?

 

実際、私は田舎の会社に勤めていた1~3年目ぐらいは「職場が息苦しくて、毎朝会社に行くのが憂鬱でした」からね。

 

ということで今回は、会社の息苦しさから解放されるにはどうすればいいのか解説します!

この記事を読めば、「会社に行きたくない…」と毎日嘆いているあなたの苦痛が取り除かれるはずです。

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

なぜ、田舎の会社は息苦しいのか

冒頭でもお伝えした通り、田舎の会社&若手社員ほど、会社で息苦しさを感じやすいです。

では、なぜそういった人たちは会社で息苦しいのでしょうか?

 

理由は大きく次の2つです。

  1. 自分の理想と現実とのギャップ
  2. 上司や同僚の圧力

順番に解説していきます。

 

①自分の理想と現実のギャップ

新入社員や若手社員の多くが、仕事に理想を持っているのではないでしょうか?

 

  • 世の中に自社の商品・サービスをもっと広めたい
  • 社内の生産性が上がるような、新しい働き方を提案したい
  • 自分の力で会社を少しでも大きくしたい

 

どれも素敵な志ですが、残念ながら熱い志はかえって自分を苦しめることになるときがあります。

特に田舎の会社では、マイナスになりがちです。

 

なぜなら、「チャレンジしたい!」「意欲的な取り組みをしたい!」と意気込むと、周りから「やめておけ」と止められることが往々にしてあるからです。

 

田舎の会社ほど「現状維持が最優先」という職場が多いです。

チャレンジはいいから、決められた業務をちゃんとこなしくてれ」という風に言われた経験、あなたもあるのではないでしょうか?

 

実際私がいた田舎の職場では、会社を変えようと色々新しい事を提案する社員がいたのですが、上司からむげに扱われて結局やめてしまいました。

 

自分のやりたいことができず、面白くもない仕事ばかりやらされると息苦しくなるのは当然ですよね。

このように「理想と現実のギャップ」は、田舎の職場ほど起こりやすいでしょう。

 

田舎のサラリーマンはレベルが低い!?目指すべきは社外で評価される人間「後輩に何回注意しても、同じミスを繰り返す」「自分から動こうとしないやつばかり!」 同僚に対し、こんな不満やイライラを募ら...

 

 

②上司や同僚の圧力

会社が快適か息苦しいかは、上司や同僚によるところがめちゃくちゃ大きいです。

しかし、残念ながら田舎の会社ほど「外れ」の上司や同僚にあたりやすいです。

 

  • 「いいから、俺のいう事を聞け!」
  • 「この資料明日の会議までに作成しておいてね」

こんな感じで、自分中心で理不尽な要求をしてくる上司、あなたのまわりにもいませんか?

こういう上司にあたると、「会社でいつぶっ倒れてもおかしなくない」ぐらいに、常に息苦しくて仕方ありません。

 

これまた、私の田舎の職場には典型的なブラック上司がいました。

  • 休日に呼び出し
  • 自分のミスは部下に擦り付ける
  • 成果を上げれば、我がもの顔で上に報告

一言で言うと「嫌味な奴」です。

 

田舎の会社は「転職=悪」という風潮が根強く、人の出入りが少なくなりがちです。

ですから、「上司は絶対」みたいな昔ながらの文化が残っている会社は少なくありません

 

こういう上司にあたると、新入社員の場合、相談する人もいないし「社会とはこういうもの」と抱え込みがちです。

そのせいでうつ病になって、働けなくなって…なんてなったら、ほんと人生崩壊しますからね。

 

田舎のサラリーマン人生だと後悔する?原因と抜け出す方法を解説「あなたは、このまま今の会社で20年働き続けても後悔しないですか?」 この質問に自信を持ってYESと答えられる人って、ほとんどいな...

 

会社での息苦しさを解消する方法

では、会社で息苦しい思いをしている人はどうすればいいのでしょうか?

ズバリ「周囲に左右されない人間」になりましょう。

そのために、まず試してほしいことは「周りの人間を無視する」ことです。

 

「無視」といっても、上司に返事をしない、会話を一切しない、などということではありません。

コミュニケーションはします。

無視するのは「心の反応」です。

つまり「いつも、うっせーな!」「また、説教はじまったよ…」などげんなりしたりイライラしたりする心の反応をなくす、ということです。

ざっくりいうと、「受け流す」とみたいなイメージです。

 

例えば、嫌な上司と会話するとき。

はたから見れば「説教」かもしれませんが

「俺、今怒られているね」

「この上司は、自分の力を周りに示したいから大きな声を張り上げているんだね」

と、心中では第三者の目線に立って、受け流してみましょう。

これをすると驚くほど、人間関係のストレスがなくなりますよ!

 

こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

田舎の職場に馴染めない…人間関係にうんざりしている人に解決方法を紹介!田舎の職場って馴染めない人にとっては苦痛でしかありませんよね。 「毎日上司がネチネチ言ってきて、つらい…」 「あいつの周りは...

 

さらに、「他人の評価、見る目はきにしない。私は、自分のやりたいことをやる!」とまで腹をくくれたら、もう怖いものなしです。

 

実際私は20代前半、「自分のことを好きにさせるなんてことはできないし。他人の目や他人をコントロールすることより、自分の人生を生きよう」と自分が思う「やるべき仕事」に力を注ぐようになりました。

 

正直、「干されるかなー」って思ったのですが、頑張っていることを応援してくれる人は必ずいるんですね。

だんだん周囲に認められるようになり、嫌な上司にも平気で意見をいえるようになりました。

 

自分がコントールできることだけに集中する」という考えは、「嫌われる勇気」でいう「課題の分離」という思考法です。

「嫌われる勇気」には、仕事の人間関係に応用できるノウハウが満載なのでビジネスマンはぜひとも読んでおきたい一冊です。

 

AmazonのオーディオブックAudible (オーディブル)を使えば、最初の1冊は無料で読めるので、まだ読んでいない人は一読することをオススメします。

 

【公式】嫌われる勇気を無料で聴く➡

※通勤時間のながら読書におススメ!

 

どうしても無理な時は…「転職」を視野に入れる

それでも、人間関係がストレス、やりたい仕事ができなくてつらい…という人は思い切って職場を変えましょう。

 

何も今すぐ転職する必要はありません。

「自分はいつでも転職できるんだ」と思えるだけで、働き方に余裕が生まれます。

ですから、早めに転職の準備をしておくことは大切です。

 

「転職活動なんて、何もしたことがない!」という人は、まずは次の2つに取り組んでみて下さい。

 

転職初心者がまずやること
  1. 「転職の思考法」を読み、転職成功のノウハウを学ぶ
  2. 「転職サイト」に登録して、求人の動向をつかむ

 

転職の思考法」は簡単に言うと「他社から欲しいと思われる『市場価値の高い人間』にどうすればなれるか」を教えてくれる一冊です。

控えめに行っても、全サラリーマン必読の本です。

田舎のサラリーマン全員が読むべき本!「転職の思考法」を解説します。「俺たちの会社ってこの先、危ないよな…?」 「俺たちって、このまま今の会社にいることが正解なのかな…?」 会社の同僚...

 

「転職サイト」も早めに登録すると、多くの恩恵を受けられます。

  • 転職する気がなくても利用できる
  • 無料だから、気軽に利用できる
  • 年収アップや環境改善のための優良情報が満載

 

転職サイトは色々ありますが、最初は最大手の「リクナビNEXT」が使い勝手がいいのですおススメです。

 

転職サイトの利用法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

田舎の人こそ転職サイトを絶対に使うべき理由!メリットやおすすめサイト解説田舎のサラリーマンならば、誰もが一度は転職について検討したことがあるのではないでしょうか? 給料が低すぎて、やってられない...