ビジネス力アップ

【必読=反応しない練習】ストレスを抱えるサラリーマンが読むべき本!

ストレス社会と言われる現代において、最もストレスを感じる状況にいるのは我々サラリーマンではないでしょうか?

 

  • ネチネチとしつこい上司
  • そりが合わない同僚と四六時中同じ空間にいる
  • つまらない仕事を1年中やらされる…

 

ストレスのないサラリーマン人生を送っている人なんて、まあ少ないですよね。

そして、できることなら「このストレスから解放されたい!」と思いますよね。

 

実は、このようなストレスは「考え方次第」でぐっと減らすことができます。

その思考法がぎゅっとまとめられている本があります。

それが、こちらの「反応しない練習」です。


 

この本を簡単に説明すると

  • イライラや後悔といった悩みを消してくれる
  • 「人生は今からやり直せる」という希望を示してくれる

 

個人的には、「ストレス社会に生きる今のサラリーマン全員が読むべき本」だと思っています。

 

ということで今回は、「反応しない練習」を元に、ストレス社会のサラリーマンの生き方を解説します!

この記事を読めば、毎日職場で抱えるストレスを軽減できるはずです。

 

Audible (オーディブル)で安月給サラリーマンから卒業しませんか?

■「お金の稼ぎ方」「仕事のスキルアップ」が手軽に学べる
■聴くだけだから、読書嫌いでも大丈夫
■車の中でラジオ代わりに使える
■往復1時間の通勤なら1週間で1冊読破

ビジネス書を耳で学んで、同僚より一歩抜きんでよう!今ならもれなく最初の1冊無料キャンペーンもあります。

 

「反応しない練習」を読めば、すべての悩みが解決する

ストレスに悩んでいる、サラリーマン必読の「反応しない練習」とは、いったいどんな本でしょうか。

 

反応しない練習の概要
  • ブッタの教えを元に「悩まない方法」を解説
  • 宗教的による解決ではなく、現代に即した「超合理的」な方法
  • 2500年前から語り継がれてきた、本質的な処世術が詰まっている

 

反応しない練習」はブッダ(日本でいうお釈迦様)の教えを現代版に訳した一冊です。

とはいえ、スピリチュアル系な内容ではありません

「本質的な課題を特定し、効果的な対策でアプローチする」という、現代コンサルのような合理的なノウハウを説いています。

 

この本の結論を最初に伝えます。

それは「すべての悩みは心の反応から生まれる。だから、心の反応をなくそう」という教えです。

 

「心の反応」とは、いったどういうことでしょう?

具体例を交えて紹介します。

 

朝の通勤で満員電車に乗るところを想像してください。

Aさんは、「今日もこんでいるな」とげんなりする。一方でBさんは「込んでいるのはいつものことだし」とひょうひょうとしています。

この違いはなんでしょうか。

 

これこそ、まさに「心が反応しているかどうか」です。

Aさんは、満員電車という状況に「がっかりしたり、不快感を覚えたり、といった心の反応を示した」のです。

一方、Bさんは心が反応しなかったおかげで、ストレスを感じることはありません。

 

  • ストレスや悩みが生まれるのは「心が反応」するからである。
  • 同じ状況でも、その人が反応するかしないかで悩みは大きくも小さくもなる。

 

怒ったり、悩んだり、不安に思ったり、というのはすべて「心が反応した結果」生まれる感情である、ということをまずは理解しましょう。

 

サラリーマンはなぜ「悩む」のか

心が反応すると「悩み」が生まれるということは、何となく理解していただけましたか?

ここから、さらにもう一段階理解度を深めてみます。

 

そもそも、なぜ心は反応してしまうのでしょうか?

それは、「求める心が原因」であると、この本には書かれています。

 

苦しみをもたらしているものは、快(喜び)を求めてやまない、〝求める心〟なのだ。

―初転法輪経 サンユッタ・ニカーヤ

 

「求める心」とは生存欲、怠惰欲、歓楽欲などのことです。

それらの欲望にかられ、人間の「心は反応」してしまうというわけです。

 

では、サラリーマンの欲望とはなんでしょうか

それは「認められたい」という承認欲求です。

 

  • 後輩からできる先輩と思われたい
  • 上司に「あいつなら大丈夫」と任されたい
  • 取引先から信頼感をもらいたい

 

多くの人がこのような「認められたい」願望を持っているのではないでしょうか。

仕事って、基本的に「人と関わること」ですからね。

他者からの承認を求めるのは当然のことに思えますが、実はこれがあなたのストレスの原因になっているのです。

 

「認められたい」という思いは裏を返せば、「認められないのは嫌だ!」と思う事ですよね。

これぞ、まさに強いストレスを感じる原因です。

 

まとめると

認められたい(欲求) ➡ なんであの人は分かってくれないんだ(心が反応) ➡ イライラ、むかつく(ストレス)

といった状態です。

 

これこそ、大半のサラリーマンが抱える悩み・ストレスの正体です。

 

サラリーマンの「悩み」を消す方法

それでは、具体的にどうすれば「悩み」を解消できるのでしょうか?

 

悩みを消す3ステップ
  1. 悩みを受け入れる
  2. 反応しない方法を身に付ける
  3. 反応してしまった時の対処方法

順を追って説明します。

 

①悩みを受け入れる

ブッダの考え方の特色は、「人生には悩み、問題がつきものなのだ」という現実を、最初に受け入れてしまうところにあります。「私には悩みがある。未解決の問題がある」とはっきり自覚します。

 

上記の通り、悩みを消すための最初のステップは、「人間だから、悩みがあって当たり前だよね」と現実を受け止めることです。

 

現実を受け止めるというと「それは、つらいな」と思うかもしれませんが、それはすでに心が反応している証拠です。

「受け入れる」というよりも、「ある」ものを「ただある」と理解するほうが表現としてはあっています。

 

例えば、上司との会話でよくあるのが

  • また、ネチネチと小言を言ってくる。ほんと、面倒くさいな
  • なんで、こいつは俺の細かいミスばっかり指摘してくるの。気分落ちるわ…
  • 理不尽な頼み事…やってらんねー

 

このような「面倒くさい」「気分がなえる」といった感情というのは、実は心が反応して勝手に作り出しているものなんです。

 

そんな時は

「ああ、なんか俺今イラついてるなー。でも、これは俺が悪いんじゃなくて、心が勝手にざわついているだけなんだよね。だから、これは仕方ない事なんだよ」

というように、「怒り」をそのまま事実としてだけ受け止めてみましょう。

そうすると、ビックリするほど心がすっと軽くなりますよ。

 

②反応しない方法を身に付ける

「悩み」を受け入れたら次に大切なのは、「悩み」を作り出す原因である「心の反応」をしない方法を身に付けましょう。

 

本書では、「ムダな反応」を一つでも減らすことが「悩み」の解消につながっていきます、と書かれています。

では、サラリーマンにとって「ムダな反応」とはいったいなんでしょう?

それは「自分以外の人のために時間を使う」ことです。

 

「自己中だな」と一見思うかもしれませんが、これくらい割り切っていかないと現代のストレス社会では生きていくことは難しいです。

「これは、自分のためにならない」と思ったら、容赦なく無視していきましょう。

 

③反応してしまった時の対処方法

ムダな反応を減らそうとしても、どうしても反応してしまう時は出てきます。

そういう時の対策も、この本にはしっかりと書かれています。

 

対策は色々ありますが、個人的におススメなのは「ラベリング」と呼ばれる手法です。

やり方は簡単で、自分の中に生まれた感情を言葉で確認していくだけです。

 

「あっ、今俺疲れたーって感じているな」

(上司に小言を言われて)「今少しイライラしているぞオレ!」

こうやって、心の状態をあらためて言葉で確認していくと、自然と反応から抜け出せます。

ポイントは客観的な視点に立つことです。

第三者目線で事実をそのまま言語化する習慣をつけると、ムダな反応も減らせるのでおススメです。

 

とはいえ、頭の中だけで感情を言語化するってのは難しいですよね。

そんな時におススメなのが「紙に書き出す方法」です。

 

3分間、ひたすら紙に向かって「今の気持ち」「なぜこんな気持ちになったの」「これからどうしたいの?」と書き出していきましょう。

ありったけの思いを書きましょう。

書き終わったら、一気に心が落ち着きますよ。

 

これは本当におススメです!

騙されたと思って、ぜひ実践してみてほしいです。

 

ストレスのないサラリーマン人生を生きよう

以上、「反応しない練習」を基に、サラリーマンの悩みを解消する方法を紹介しました。

 

サラリーマンというのは、本当にストレスを抱えやすい職業です。

つまらない人間関係や、自分がやりたい仕事ができない苦しみなどを日々抱えている人は多いと思います。

 

その悩み、ストレスはいつ爆発するか分かりません。

最悪、会社に行けなくなってそのままずるずる働けない体になる…なんてことも、現実問題として起こりえますからね。

 

そうならないために、今のうちにストレスのないサラリーマン人生の送り方を身に付けておきましょう。

「 反応しない練習」は、そのためにぜひ読んでおきたい一冊です。

まだ読んでいない人は、一度目を通してみることを強くおススメします。

 

AmazonのオーディオブックAudible (オーディブル)」なら「聴きながら読書」ができるので、読書が苦手な人でも安心して読むことができます。

最初の1冊&1か月無料で読めるので、この機会にぜひ「反応しない練習」を読んでみて下さい!

 

 「反応しない練習」を無料で聴く➡